あまり動かないお魚

このページではあまり動かない大人し目のお魚たちをご紹介。
動かないと言ってもお魚ですから動きます。それでも比較的被写体としてじっくり狙いやすいお魚たちを集めてみました。

ヨウジウオ系・ウミテング系

イシヨウジ オレンジスポットパイプフィッシュ オビイシヨウジ

イシヨウジ

浅場に沢山いるので気に留めないダイバーが多いが結構色っぽい顔をしているので撮ってみてほしい
大きさ 10p位

オレンジスポットパイプフィッシュ

イシヨウジよりは個体数が少ない。綺麗なオレンジの点があり意外と写真映えします。接写がおすすめですが・・
大きさ 10p位

オビイシヨウジ

目の幅に比べて口がとても細いのでうまく撮るととても愛らしく撮れます。上の写真はまだまだ改良の余地あり
大きさ 7p位

ワカヨウジ オイランヨウジ イエローバンデッドパイプフィッシュ

ワカヨウジ

砂地に生きている棒っ切れがいたら大体この子です。口元に物を近づけると頭を振る。多分よく見ようとしているのだと思う。
大きさ 30p位

オイランヨウジ

岩陰や物陰に住んでいる。赤白の縞模様と尾びれの模様が可愛らしい。オスのお腹に卵があることがあるので見てみよう
大きさ 20p位

イエローバンデッドパイプフィッシュ

主にシークレットベイで見られます。オレンジと濃い赤の小さな縞模様。外人魚。
見られるとちょっとうれしい。
大きさ 20p位

カミソリウオ ハリメダゴーストパイプフィッシュ ニシキフウライウオ

カミソリウオ

木の葉のようにしか見えない魚。木の葉と一緒にいることが多い。いつも逆立ちしている魚です。
大きさ 7p位

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

カミソリウオの仲間。カミソリウオのように薄っぺらではなくふっくらしているというか物質感がある。
大きさ 7p位

ニシキフウライウオ

とても派手な魚。同じく派手なウミシダに寄り添っている場合が多い。カラーバリエーションがとても多い
大きさ 7p位

オオウミウマ イバラダツ タツノハトコ

オオウミウマ

とても大きくなります。写真のような色は珍しく普通は黒か茶で汚らしい感じのものが多い。
大きさ 17p位

イバラダツ

体中に棘があるタツノオトシゴの仲間。体色が綺麗なことが多いのでいい被写体になります。
大きさ 13p位

タツノハトコ

砂地の藻場などにひっそりと住んでいます。ちなみにタツノイトコと言うのも居ますがこの辺はハトコが多い。
大きさ 5p位

ポントヒピグミーシーホース デニスピグミーシーホース サトミピグミーシーホース

ポントヒピグミーシーホース

元祖ピグミーシーホース。決まったウミウチワに住みます。サリダイブ的にはポリプが閉じている写真はイマイチ価値がない
大きさ 2.5p位

デニスピグミーシーホース

オレンジ色のうちわに住む。口元が長いのが特徴。つるっとしているのでツルリンと呼ぶこともある(通称)
大きさ 2p位

サトミピグミーシーホース

最初にカリマンタン辺りで発見されたがバリにも居た!世界最小のピグミーシーホースで老眼にはかなりつらい
大きさ 1.3p位

ピグミーパイプホース(通称) ウミテング ヤリテング

ピグミーパイプホース

ピグミーシードラゴンとかレンベシードラゴンと言う風にも呼ばれている。多分、どこのエリアよりもこの辺りは個体数が多い
大きさ 4p位

ウミテング

鼻が長くて胸鰭で地面を歩きまわる魚。ガレバまじりの砂地にいる。夜は泳ぎ回るようでいきなりいなくなったりする。
大きさ 8p位

ヤリテング

ウミテングに比べてとてもスマートで細長い。体色は黒か茶色のことが多い。この魚も夜は泳ぎ回るようです。
大きさ 10p位

カサゴ・オコゼ系・」カエルアンコウ系

シマヒメヤマノカミ キリンミノカサゴ ハナミノカサゴ

シマヒメヤマノカミ

小型のカサゴ。成魚は是非目を撮ってみて下さい。幼魚も結構出ます胸鰭が縞模様なのが特徴。
大きさ 8p位

キリンミノカサゴ

中型のカサゴ。幼魚も良く出ます。胸鰭は皮膜状でほとんど分岐していないのが特徴。
大きさ 12p位

ハナミノカサゴ

写真は幼魚。羽衣をまとったようでとても美しい。成魚はかなり大きくなる(30p位)胸鰭がビラビラとしているのが特徴
大きさ 2p位

ヒメオニオコゼ ニライカサゴ バイノスコーピオンフィッシュ

ヒメオニオコゼ

砂の中に潜っているので刺されないように注意!背びれがいかにも痛そう。胸鰭が足状になっていて歩きます。
大きさ 20p位

ニライオコゼ

背中が丸いのが特徴。体色はバリエーションが多く普通のオコゼ色や緑色のものを見たことがあります。
大きさ 20p位

バイノスコーピオンフィッシュ

浅場に住む。ハウスリーフの桟橋の横位の水深。眉毛がビュンと伸びていてちょっと格好いい。
大きさ 10p位

カスリフサカサゴ ツノカサゴ ハダカハオコゼ

カスリフサカサゴ

サンゴの中に住むカサゴ。とてもカラフルなので居ればすぐにわかります。ただ写真撮影は結構難しい
大きさ 5p位

ツノカサゴ

成魚はシークレットベイ、幼魚はボートポイントでよく見かけます。目の上に長い角のようなものがあるのが特徴
大きさ 8p位

ハダカハオコゼ

とても薄っぺらなオコゼ英語ではペーパーフィッシュ。目がガラス玉のようでとても綺麗な魚です。
大きさ 10p位

ロングスパインワスプフィッシュ ツマジロオコゼ キリンちゃん(通称)

ロングスパインワスプフィッシュ

シークレットベイに沢山いるオコゼ。カラーバリエーションがとても沢山あります。
大きさ 10p位

ツマジロオコゼ

薄っぺらで木の葉のような魚。幼魚は沢山見かけるのですが成魚(約12p)がほとんどいません。一体どこに行くのだろう?
大きさ 2p

キリンちゃん

とても小さなオコゼの仲間泥地に住んでいます。体の模様がキリンの模様なのが通称の由来です。
大きさ 2.5p位

オオモンカエルアンコウ ボンボリカエルアンコウ ベニカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

大型のカエルアンコウ。海綿などになり切ってじっとしています。意外と泳ぐと早いです。体色はいろいろ変わります。
大きさ 30p位

ボンボリカエルアンコウ

大型のカエルアンコウ。エスカが大きな玉状なのが名前の由来。黄色とグレーしか見たことがないシークレットベイがメイン
大きさ 30p位

ベニカエルアンコウ

背びれの付け根付近に丸い模様があるのが特徴。体色はいろんな色がいる。あまり大きくならない。
大きさ 8p位

クマドリカエルアンコウ ヒラタカエルアンコウ オセレイトフロッグフィッシュ

クマドリカエルアンコウ

目の脇に歌舞伎のクマドリ模様があるのが特徴。黒い個体はオレンジの水玉だけですがクマドリは大きくなってから出る。
大きさ 5p位

ヒラタカエルアンコウ

名前の通り平たいカエルアンコウ。黒い個体が結構多いです。ガレの間などで隠れていることが多い
大きさ 2p位

オセレイトフロッグフィッシュ

大型になるカエルアンコウ。背びれ後方の付け根に大きな丸い模様が出るのと独特な顔が特徴
大きさ 12p位

ハナオコゼ リサーチ中 リサーチ中

ハナオコゼ

流れ者のシーズンになると漂流物と一緒に流れて来ます。真っ白い個体や黄色い迷彩柄の個体がいます。
大きさ 8p位

お待ちください!

お待ちください!

ウバウオ系・アナゴ系・カエルアマダイ系・その他長い系

ウミシダウバウオ ワンストライプフェザースタークリングフィッシュ ハシナガウバウオ

ウミシダウバウオ

ウミシダに住むウバウオ。頭から尾びれに向かって3本のラインがあるのが特徴。体を曲げるとシワが出る魚
大きさ 3p位

ワンストライプフェザースタークリングフィッシュ

ウミシダに住むウバウオ。外人魚。白いラインで体の上部が丸く囲われているのが特徴。体を曲げるとシワが出る魚
大きさ 3p位

ハシナガウバウオ

ガンガゼやウミシダなどの上をホバーリングしている。動く姿はまるでリボン競技のようで可愛らしい。
大きさ 3p位

スパゲティガーデンイール スパゲティガーデンイール チンアナゴ

スパゲティガーデンイール

この辺りでは一番多いガーデンイール。水深は10m位から観察することが出来る。あまりシャイではない。
大きさ 50p位

スパゲティガーデンイール

ガーデンイールポイントの様子。
所狭しとニョロニョロしていて壮観です

横から見ると2つ大きな点があるガーデンイール。おへそにももう一つ黒点があります。頑張って観察してみて下さい。
大きさ 40p位

ニシキアナゴ テイラーズガーデンイール マーシーズガーデンイール

ニシキアナゴ

ガレっぽい砂地に生息。個体数は多いのだがとにかくシャイでなかなか近づけない。潮下からチャレンジしましょう。
大きさ 40p位

テイラーズガーデンイール

砂地に単体、またはペアで生息するガーデンイール。あまり群れない。よく見ると背びれにまで黒点があります。
大きさ 40p位

マーシーズガーデンイール

浅場に住むガーデンイール。なり太くて大きい。しかも寄れます。迷路模様が見えるまで近づいてみましょう。
大きさ 50p位

イレズミウミヘビ ミナミホタテウミヘビ ゴイシウミヘビの一種

イレズミウミヘビ

砂地に潜って顔だけ出している。顔の模様が特徴的。ちなみに体の模様は水玉模様でした。
大きさ 70p位

ミナミホタテウミヘビ

砂地に参画の頭だけを出しています。ほぼ地面に直角に潜る。尾びれの方から潜っていく姿は圧巻です。
大きさ 70p位

ゴイシウミヘビ

他のものに比べると口も目も小さく先っぽに近い。だからかなぜか白人のおじさんのようなイメージの顔をしている。
大きさ 70p位

パクパク(通称?) タツウミヘビ エスツアリーイール

パクパク

鉛筆位の大きさで砂から顔を突き出している。結構シャイ。もしかしてゴイシウミヘビの仲間のYgかな?とも思う
大きさ 30p位?

まるで骸骨のような顔。顔だけを砂の上に出しています。結構迫力あり

とても大きなアナゴで最初ドクウツボかと思ったが歯が違った:笑

ハナヒゲウツボ モヨウタケウツボ シマウミヘビ

ハナヒゲウツボ

ブルーと黄色がとても美しいウツボ。幼魚の時は黒と黄色。たまに黄色一色の個体も見るが老成魚と言うのは違うと思う
大きさ 1.2m位

モヨウタケウツボ

英名ホワイトリボンイール。名前の通りリボン競技のような動きで泳ぐのでとても美しい。ビデオ向け
大きさ 1.2m

シマウミヘビ

ウミヘビと言う名前だけどアナゴの仲間。でも体の模様を見るとエラブウミヘビに似せて防衛しているのかもとも思う
大きさ 1.2m位

ゴールドスペックジョーフィッシュ リングアイジョーフィッシュ リサーチ中

ゴールドスペックジョーフィッシュ

一番多いジョーフィッシュの仲間。普段は穴の中にいるが食事やディスプレイで全身が出てくるので狙ってみよう
大きさ 12p位

リングアイジョーフィッシュ

他所では深場でシャイなジョーフィッシュですが、バリのこの子は比較的浅場&シャイじゃありません。チャンスです!
大きさ 5p位

まだまだリサーチ中

アカタチ キタチ(通称) イエロータイルフィッシュ

アカタチ

ハウスリーフなどの泥地でたまに見られます。透明度との勝負!
大きさ 30p位

アカタチ

ハウスリーフでたまに見られる。もしかしてアカタチのちびっ子疑惑もあります
大きさ 20p位

イエロータイルフィッシュ

泥地の深場20m位のところに居ます。視界不良からこの蛍光イエローは目に刺さる感じです。
大きさ 18p位

ミナミゴンズイ ハワイトラギス リサーチ中

ミナミゴンズイ

もはやゴンズイと言うよりはナマズ的な大きさ。集団で口パクパクしているのは壮観
大きさ 20p位

ハワイトラギス

トラギスの中でもこの子はフォトジェニック。赤い模様がとっても可愛らしい
大きさ 10p位

そのうち載せます:笑

トップへ戻る