マクロ・・・と言えばハゼ!

この辺りで見られるハゼをご紹介。世間一般的にも魚の中でハゼが一番多いものですが、このエリアもハゼの種類も個体数もすごく多い。ハゼマニアにはとってもおすすめエリアです!
ハゼにもいろんなハゼがいます。ベニハゼ・イソハゼ・共生ハゼ・その他のハゼ・・・・このページはハゼ専用の図鑑

 

まずはベニハゼ・イソハゼ

レッドブロッチピグミーゴビー シリウスベニハゼ ホテイベニハゼ

鮮やかな赤にドキッとするハゼ。通常深場のハゼだがこのエリアでは10m位から観察可能
大きさ2~2.5p

一番個体数の多いハゼ。どこにでもいるので是非背景を選んで。水深7m位から観察可能
大きさ2~2.5p

体高の高いベニハゼ。体側にモザイク模様が入る個体もいます。個体数多め。
水深7m位から観察可能
大きさ2~3p

メガネベニハゼ ストライプヘッドピグミーゴビー パジャマピグミーゴビー

普通種のベニハゼ
目の周りがメガネのように赤で大きく囲われているのが特徴
大きさ2.5p位

頭に縦縞模様があるのがとても可愛いハゼ
いい場所に居るのを見つけるのが撮影のコツ
大きさ2.5p位

サリダイブ通称シマシマちゃん
体に縦縞模様があるハゼ。
撮影は難易度高
大きさ2.5p位

オオメハゼ ブラックスポットピグミーゴビー イエローストライプピグミーゴビー

胸鰭の付け根に赤い点が2つあったらこのハゼ。
背景の良いところに居るのを選びましょう。
大きさ2.5p位

背びれに黒い点があるのが特徴
オーバーハングなどの暗がりに居るので
撮影は難易度高い
大きさ2.5p位

泥地の比較的深場に住むハゼ
どの辺りがイエローストライプなのかは
正直わからない。
大きさ2.5p位

イエローヘッドピグミーゴビー エリホシベニハゼ チゴベニハゼ

名前の通り頭が黄色いベニハゼの仲間。鰓の上に赤い点があるのも特徴。沢山いるがシャイなハゼで難易度は高め
大きさ 2p位

この写真だと見えませんが丁度顎あたりに黒い点が2個蝶ネクタイのようについているハゼ。黒点を撮らないと意味なし!?
大きさ 2p位

普通種だがガイド達は「違うベニハゼ」とおやじギャグを言うためにブリーフィングには頻繁に出て来ます:苦笑
大きさ 2p位

ぺガススベニハゼ オオメハゼの仲間? オヨギベニハゼ

ちょっとした岩陰などに居るベニハゼ
他のベニハゼに比べると個体数は少ない。すっとした表情が上品なハゼ
大きさ 2p位

鑑定に出してみたら胸鰭に2つ点があるのでオオメハゼの仲間との回答でしたがあまり納得していません・・・
大きさ 2p位

ドロップオフなどの壁にお腹側を向けるように泳いでいるベニハゼの仲間。近づくと距離を保って逃げていく・・・
大きさ 2.5p位

ヒメニラミベニハゼ フタホシベニハゼ フォークテールドワーフゴビー

目の上の部分がとっても美しい小型のハゼ
オレンジバージョンと黄色バージョンがいます。
大きさ1.5p位

ベニハゼだけど黒系
尾びれの付け根の赤い模様がとっても美しい。
内湾のサンゴ礁の中に住む小型のハゼ
大きさ1.5p位

オヨギベニハゼの外人版?
尾びれがフォークのように分かれているのが特徴
オバーリングしているので難易度高
大きさ3p位

アオギハゼ レッドヘッドドワーフゴビー カスリモヨウベニハゼ

ドロップオフを見ると大体いるハゼ。沢山いるからか注目されないが実はとても美しいハゼ
大きさ 2.5p位

岩陰などに居るハゼアオギハゼよりは体の模様がなくシンプル。光を当てるとヒレがとても綺麗なハゼ
大きさ 2.5p位

カスリモヨウベニハゼ

内湾に住むハゼ。レッドヘッドによく似るがもっとシンプルな感じ。体は透明に近い
大きさ 約2.5p

スケロクウミタケハゼ アイバーコーラルゴビー キャンディーケーンドワーフゴビー

スケロクウミタケハゼ

ソフトコーラルなどについている乳白色のハゼ。この辺りでは個体数が少なくレア大きさも他所よりも小さい
大きさ 2p位

アイバーコーラルゴビー

スケロクウミタケハゼに似るが目の下にも赤ラインが入るのが特徴。この辺りではとてもレア。
大きさ 2.5p位

キャンディーケーンドワーフゴビー

最近になって個体数が多く見られるようになったハゼ。ドロップオフなどにペアで一緒にいることが多い
大きさ 2cm位

アカメハゼ ヒトミシリハゼ フラッドヘッドピグミーゴビー

アカメハゼ

名前の通り目が赤い(ピンク)のハゼ。透明なボディに黄色い内臓が透けて見えてとても綺麗なハゼ
大きさ 2p位

ヒトミシリハゼ

普段は珊瑚の近くでホバーリングしているがダイバーなどが近づくと写真のように着底?するハゼ
大きさ 2p位

フラッドヘッドピグミーゴビー

まるでワニゴチのような顔のハゼ。カーペットスポンジの裏側に住んでいることが多い。体に小さい点状の模様がある
大きさ 2p位

ガラスハゼ オオガラスハゼ スジグロガラスハゼ

ガラスハゼ

ムチカラマツなどにペアでついていることが多い。ムチカラマツの皮を剥いたところに産卵をします。
大きさ 2p位

オオガラスハゼ

名前通りとても大きい赤い三角模様が6つあるのが特徴。ブイを結び付けたロープなどについていることが多い。
大きさ 3.5p位

スジグロガラスハゼ

ウミカラマツなどについています。体の模様がとてもまわりに溶け込んでいて一度目を離すと後悔する方が多い
大きさ 2p位

セボシウミタケハゼ ベンケイハゼ シライトベンケイハゼ

セボシウミタケハゼ

いろんなところに居る普通種のハゼ。第一背びれの真ん中に黒い点(背星?)があるのが特徴
大きさ 2p位

ベンケイハゼ

岩などの隙間の暗がりに住むハゼ。光を当てると照らされた浮遊物(餌)を食べにホバーリングしてくることもある。
大きさ 2.5p位

シライトベンケイハゼ

砂地などの上にある岩や貝などに住んでいることが多い。名前の通り糸のような白い線がありとても可愛らしい
大きさ 2p位

イザヨイベンケイハゼ キイロサンゴハゼ クロダルマハゼ

イザヨイベンケイハゼ

岩の隙間に住むので撮影は難しい。突然現れ突然消えていくハゼ。かなりレア。
大きさ 2.5p位

キイロサンゴハゼ

名前の通りとても綺麗な黄色をしたハゼ。たまに大発生してひとつの珊瑚に10匹くらい居たりする。
大きさ 2p位

クロダルマハゼ

真っ黒なダルマハゼ。サンゴが白っぽいのでとても目立つのだけど写真に撮っても真っ黒なので微妙
大きさ 1p位

オレンジリーフゴビー 青いコバンハゼ アカネダルマハゼ

岩と泥の隙間に住むハゼ
オレンジ色がとても鮮やかで美しい。
泥地だけに撮影は困難
大きさ2p位

サンゴに住むハゼ。
タスジコバンハゼと一緒に住むのでもしかして色彩異変かもと思いますが正直わからない。
大きさは3p位

トゲサンゴを覗くと大体います。
チョロチョロ動きますが好きな場所があるのでそこにフォーカスを合わせるのがコツ
大きさ1.5p位

ベニサシコバンハゼ タスジコバンハゼ レモンちゃん(通称)

ベニサシコバンハゼ

サンゴの中をよく探すとたまに見つかります。とてもシャイで写真に撮るのはとても大変です。
大きさ 2p位

タスジコバンハゼ

ほっぺに沢山ラインがあるコバンハゼ。小さい時は綺麗なオレンジ色だが大きくなるとヒレの方から黒っぽくなる。
大きさ 2.5p位

レモンちゃん

体の中が透ける感じで白い点が見える。よく見ると細かいひげ面なので多分ダルマハゼの仲間だと思われる。
大きさ 1.5p位

イチモンジコバンハゼ アワイロコバンハゼ レモンコーラルゴビー

幼魚の時は写真のように可愛らしい柄ですが大人になると真っ黒になってしまいます。
幼魚の方が世間知らずで撮影しやすい
大きさ 1p位(幼魚)

薄いブルーの可愛らしいハゼ
何本かのくっきりとした青いラインと背骨に沿って白い点が透けてみえるのが特徴。
大きさ 2p位

幼魚の時がとても可愛らしい。成魚になると黒くなってしまいます。とても大型の珊瑚に住むハゼで目立ちます。
大きさ 6p位

ミジンベニハゼ イエローピグミーゴビー タイニーゴビー

ミジンベニハゼ

日本などでも見られる小さな黄色いハゼ。岩や貝、捨てられたボトルなどにペアで住む。とても人気があります。
大きさ 1.5p位

ミジンベニハゼの一種

ミジンベニハゼの一種。日本に居る物よりも体高が高く背骨に沿って白い点があります。色もくすんでいて気持ち多きめ
大きさ 1.5p位

タイニーゴビー

ミジンベニハゼの一種。日本で見られるものによく似ているが、よく見ると体中に細かい茶色の点があるのが特徴
大きさ 1.5p位

フタホシホシハゼ ホシハゼの一種 グラベルベリードワーフゴビー

ドロップオフなどの砂だまりに住むハゼ
オレンジの点々が愛らしい
背ビレと尾びれの付け根の黒点が名前の由来
大きさ 2.5p位

第一背びれが伸長しない。
真横からライトを当てると青い点がキラキラと光る地味だけど美しいハゼ。
大きさ 2.5p位

内湾のドロドロに住むハゼ
背びれがビュンと伸びてかっこいい。撮り方によって見え方がかわるフォトジェニックなハゼ
大きさ 2.5p位

アカホシイソハゼ オレンジヘッドドワーフゴビー オヨギイソハゼ

背びれが伸長すると背びれハゼに激似するがほっぺたに赤い点々があるのが特徴。
背びれが短い個体が普通
大きさ 2.5p位

そこら中に居るハゼ
皆さん見ないのですが実はこの辺りの固有種じゃないかと思います。
大きさ 1.5p位

サンゴの上を見ると沢山いるハゼ
集団で住んでいるので見逃す方が多いですが意外と綺麗なハゼです。
大きさ 2.5p位

オオゴチョウイソハゼSP ホソベニちゃん(通称) キイロちゃん

オオゴチョウイソハゼ

通称:セビレちゃん
オスは背びれがとても立派。背びれも太い子、細い子、枝毛な子がいる
大きさ 2p位

ホソベニちゃん

最初にベニハゼと間違えてホソベニちゃんと呼んだのですが本当はイソハゼの仲間。だってとっても小さいんだもの・・・
大きさ 1p位

キイロハゼ

とにかく黄色いハゼ。潮通しの良いところに居るものと泥地の岩に居るものがいる。同種かどうかは不明
大きさ 1p位

共生ハゼ

メタリックシュリンプゴビー ヤノダテハゼ ヒレナガネジリンボウ

外人の共生ハゼの有名どころと言えばこの子黒いボディに青・オレンジの点が美しい
実はダテハゼの仲間
大きさ 12p位

尾びれの模様が美しいハゼ。
とても個体数が多いので自分で見つけるのが
尾びれまで撮影できるコツ
大きさ 8p位

背びれがビュンと長いネジリンボウ
この辺りではヒレナガの方が普通種。
背ビレが短い方はレア物です。
大きさ 3p位

ヒメダテハゼ ヤシャハゼ ネジリンボウ

ヒメダテハゼ

特に特徴のないダテハゼに見えるがよく見るとヒレには黄色い細かい点があり体にも青い点があり美しいハゼ
大きさ 8p位

ヤシャハゼ

比較的深場のハゼなのでサリダイブではレアな被写体。わざわざバリで見なくても日本の方が簡単にみられるかも
大きさ 5p位

ネジリンボウ

このエリアではかなりレアなハゼ。見つけるとガイドも喜ぶ・・はず。日本の方が大きな個体が簡単にみられるかも
大きさ 3p位

レッドマージンシュリンプゴビー アークフィンシュリンプゴビー ダンダラダテハゼ

レッドマージンシュリンプゴビー

鰭のまわりを赤い点で縁取られているハゼ。鰭が開いているところを是非狙ってみて下さい
大きさ10p位

アークフィンシュリンプゴビー

第一背びれにアーチのような模様が入っているハゼ。体中に青い点も入っており美しいハゼ
大きさ13p位

ダンダラダテハゼ

ダンダラ模様のダテハゼ
地味なハゼであまり注目されないのがちょっと可哀想
大きさ10p位

ムラサメハゼ オニハゼ ヤマブキハゼ

基本的に真っ黒な個体が多いが背中を中心に白い個体や真っ黄色の個体もたまに見られます。
目がグリーンで綺麗
大きさ 12p位

ガレに紛れてとても見えにくいハゼ。
目が慣れるまでは大変ですが
慣れてくると結構沢山見えてきます。
大きさ 5p位

ヤマブキ色の点々が美しいハゼ
目がサッカーボールみたいなハゼという人もいますが普通種過ぎて注目されない。
大きさ 8p位

ニチリンダテハゼ ハタタテシノビハゼ ヒノマルハゼ

ニチリンダテハゼ

ドロップオフの砂だまりに住むハゼ。個体数は多く浅い時は7m位から観察が可能。是非背びれ全開を狙ってください。
大きさ 12p位

ハタタテシノビハゼ

ドロップオフの砂だまりに住むハゼ。長い背びれを鞭のようにしならせてビュンビュン振り回す姿がかっこいい
大きさ 7p位

ヒノマルハゼ

砂だまりに住むハゼ。かなり地味なハゼだけにあまり見たことがない人が多い。胸鰭の後ろに大きな黒い点が並んでいるのが特徴
大きさ 約7p位

クビアカハゼ ギンガハゼ フタホシタカノハハゼ

普通種過ぎて注目されないのだけれどしっかり撮るととっても美しいハゼ。正直なぜ人気がないのかわからない。
大きさ 5p位

手前の黒いバージョンがギンガハゼの元祖。黄色い方は黄化個体。この辺りでは黄色い個体の方が多いです。
大きさ 5p位

ほっぺに2つ点があるのが名前の由来。写真のバージョンと真っ黄色の黄化個体が観察出来ます。胸鰭がに縞が入るのも特徴
大きさ 7p位

レイドシュリンプゴビー ヤノスソビキハゼ ブラックスピアシュリンプゴビー

上半身が黒、下半身が白、そして背びれがとってもかっこいいハゼ。背びれの後ろと胸鰭に入る青いラインが綺麗
大きさ 4p位

泥地に住むハゼ。ホッペの部分にほんのり青が入って上品さが漂うハゼ。地味なので一般的には人気がない:涙
大きさ 6p位

背びれが槍(スピア)のようにビュンと長く人気があるハゼ。ハゴロモハゼの親戚。ハウスリーフでセルフサービスなハゼ。
大きさ 4p位

ウシオニハゼ ホシゾラハゼ カスリハゼ

牛のように大きなハゼという意味だと思う。背びれに黒い点やオレンジ色が入って
ちょっと高級そうなハゼ
大きさ 15p位

黒いボディに星のような青い点が入って星空模様なハゼ。ハウスリーフのリーフ際に住んでいて見つけやすいハゼ。ハウスリーフにも居ます
大きさ 10p位

とても個体数の多いハゼ。この辺りのオスは写真のようにビュンと長い背びれでかっこいい。黄化個体も多いです。ハウスリーフにも居ます
大きさ 10p位

マスクドシュリンプゴビー ニュウドウダテハゼ アオスジヤツシハゼ

マスクドシュリンプゴビー

泥交じりの砂地に住むハゼ。個体数は少な目目の後ろにラインがあるのが特徴。尻びれがかなり綺麗
大きさ 約15p

ニュウドウダテハゼ

名前の通り入道のように大きくなるダテハゼ大きなものは30p位。背びれに黒点があるのが特徴。尻びれが綺麗
大きさ 30p位

アオスジヤツシハゼ

いつもホバーリングしているハゼ。尾びれの形がとても特徴的です。絞って撮ると青い点などが綺麗に写ります。
大きさ 8p位

アテヌアータシュリンプゴビー マジェスティックシュリンプゴビー スパンクルドシュリンプゴビー

なかなか図鑑に載っていないので学名をそのまま読んでいます。背びれの模様がただものではない感じ:笑
大きさ 7p位

背びれにオレンジ色が入るクサハゼの仲間ほっぺにある模様は点ではなくラインが混じるのが特徴。
大きさ 10p位

背びれに黒い点が入るクサハゼの仲間
ほっぺにある模様は丸模様なのが特徴。
そしてちょっと地味系
大きさ 10p位

クロオビハゼ ヤツシハゼ オイランハゼ

クロオビハゼ

体の中央に黒い帯が入るだけのシンプルなハゼ。ブラックスピアと間違える人が多い。黄化個体も。ハウスリーフにも居ます。
大きさ 15p位

ヤツシハゼ

一見地味なハゼだが光を当てるとかなり綺麗なハゼ。ストロボの当て方を工夫すると良いらしい
大きさ 7p位

オイランハゼ

ピンクの模様を水色のラインが囲っているのが特徴。白いタカノハハゼは良く似ているので注意。ハウスリーフにも居ます。
大きさ 10p位

トゲナガハゼ ブチハゼ タカノハハゼ

トゲナガハゼ

浅場の泥地に住むハゼ。よく見ると頭の部分に小さなトサカのようなものがあります。ハウスリーフにいっぱい
大きさ 6p位

ブチハゼ

大きさ形が白黒のオイランハゼという感じ。オイランハゼを探しているとこの子が沢山見えてきます。
大きさ 10p位

タカノハハゼ

黒い個体と白い個体がいる。白い方はオイランハゼとよく間違えられる。ピンクではなく赤、青は水玉状体側に黒い点が特徴
大きさ 10p位

その他のハゼたち

アケボノハゼ ハタタテハゼ カニハゼ

アケボノハゼ

人気者の美しいハゼ。深場のハゼなので通常見に行かない。たまに浅場に上がってくるのを観察します。
大きさ 6p位

ハタタテハゼ

この辺りではレアなハゼです。たまに見つけると嬉しくなっちゃいます。ゲストとの温度差が違って怖い・・
大きさ 6p位

カニハゼ

背ビレの黒点がカニの目に見えるというハゼ。嘘だと思ってたが老眼になったら確かにそう見えるようになった:汗
大きさ 5p位

スミレハナハゼ モエギハゼの一種 マーメイドゴビー

スミレハナハゼ

泥地の深場20m位に居るハゼ。透明度が悪い時はとても見つけにくい。結構大型なので100mmだと難しいかも。
大きさ 13p位

モエギハゼの一種

普通のモエギハゼよりもズングリムックリしているが背中のモエギ色は健在。生息域も浅く18m位粘れます。
大きさ 3p位

背びれの黒いところが特徴。泥交じりの砂地に住む。このエリアでは個体数は少な目。生息水深は15m位から
大きさ 4p位

ピンクちゃん ヘリゴマちゃん ピン子ちゃん

カグヤハゼ属の一種

カクヤハゼ族の一種。泥地の深場20m位のところに生息。ピンクと言うよりピーチピンク。いる時は集団でいる。
大きさ 2p位

ヘリゴマ

不明種。泥地の深場20m位に居るが神出鬼没。透明度が良い時でないとなかなか見つけられない:汗
大きさ 2.5p位

ピン子ちゃん

不明種。泥地に住む。生息域は5m位から深場にもいる。ハウスリーフにもいるのでセルフサービスのハゼ
大きさ 3p位

タンザクハゼ ドワーフピグミーゴビー ベニツケサツキハゼ

タンザクハゼ

泥地の深場に住む。生息水深は22m位。横から見ると結構大きめに見えるが真正面から見ると薄っぺらなハゼ
大きさ 20p位

ドワーフピグミーゴビー

英名の通り小さな小さなハゼ。砂まじりのリーフの浅場に集団で住んでいる。いっぱい居すぎて目に入っていないゲストが多い
大きさ 2p位

ベニツケサツキハゼ

ハウスリーフの桟橋に大きな群れてついていることが多い。オスは目の下に青く光るラインが入っています。
大きさ 2p位

ケショウハゼ ホクロハゼ ツムギハゼ

ケショウハゼ

肉眼でパッと見るとただの白いハゼだが写真で撮ってみると滅茶苦茶綺麗なハゼです。沢山いるので良い子を選んで
大きさ 12p位

ホクロハゼ

こめかみに青黒いホクロがある。ハウスリーフにはいっぱいいるけど日本では絶滅危惧種とされています。
大きさ 12p位

ツムギハゼ

ハウスリーフの常連。体にはフグと同じテトロドキシンがあるので絶対に食べてはいけないハゼ。
大きさ 12p位

ホタテワニハゼ ブラックバンデッドゴビー ミニマッドゴビー

ホタテワニハゼ

正式名称ではない。ワニのような顔をしています。レイドシュリンプゴビーと間違えちゃう配色をしています。
大きさ 2.5p

ブラックバンデッドゴビー

泥交じりの砂地に住む。パタパタと胸鰭を使って砂の上を移動するのはビデオ向き。意外と移動は早いです。
大きさ 2p位

ミニマッドゴビー

日本ではホムラモドキと呼ばれている。胸鰭と背びれを同時に動かして移動する姿はとても微笑ましい。ビデオ向け
大きさ 2p位

クロイトハゼ ジュウモンジサラサハゼ アオハチハゼ

クロイトハゼ

潮通しの良い砂地に巣穴を掘って住んでいるハゼ。大型なので幼魚を撮る方が無難かも。
大きさ 15p位

ジュウモンジサラサハゼ

大体どこの砂地にも居る普通種。尾びれの付け根に目玉焼きのような模様が付いているのが特徴。
大きさ 12p位

アオハチハゼ

泥地に多く済むハゼ。ハウスリーフにも住んでいる。青いラインがとっても美しいです。
大きさ 8p位

サラサハゼ スフィンクスサラサハゼ ヘッドストライプゴビー

サラサハゼ

どこのポイントでも見られる。体色は結構バリエーションがあり真っ黒とか白っぽいものもいます。
大きさ 15p位

スフィンクスサラサハゼ

サラサハゼに似るが第一背びれがとんがっていなくて大きなひれ状なのが特徴。少し泥交じりの砂地に住む。
大きさ 15p位

ヘッドストライプゴビー

サラサハゼによく似るが頭に黒ラインが濃くあるのが特徴。外人魚。浅場に住むハゼ。シークレットベイに多い
大きさ 13p位

オバケインコハゼ フィラメンテッドゴビー ゴイシサンカクハゼ

オバケインコハゼ

お化けみたいにでっかいハゼ:笑 英名はビューティフルゴビー。どうしてそうなったのかよくわからない。
大きさ 15p位

フィラメンテッドゴビー

背びれがビュンビュンビュンと長くてかっこいいハゼ。オバケインコハゼと同じ形だけど黄色っぽいのですぐわかります。
大きさ 15p

ゴイシサンカクハゼ

サンカクハゼの中ではとても大きくなるハゼ。体の中に碁石模様が見える・・感じがする。
大きさ 12p位

ヒレフリサンカクハゼ ニシキオオメワラスボ ミナミトビハゼ

ヒレフリサンカクハゼ

移動した後に背びれをピコッピコッピコッと動かすハゼ。背びれにはちょっと崩れた骸骨模様があるのが特徴。
大きさ 5p位

ニシキオオメワラスボ

潮通しの良い砂地に住む。地面から20p位のところをくねくねと泳いでいます。
大きさ 12p位

ミナミトビハゼ

マングローブ林などの近くの岸近くに住みます。ハウスリーフの桟橋にも居ます。陸上カメラの方が無難。
大きさ13p位

トップへ戻る